営業のスキル向上!コミュニケーションを学ぶ

できる営業マン

 

 

 

コミュニケーションスキルとは営業スキルである

 

コミュニケーションスキルとは営業スキルである
と私は考えています。

 

個人事業主の人の数字をあげるためにトレーニングを進めていると、
営業と聞くと「自分には関係ない」
と思っている人がとても多いことに気づかされました。

 

営業とは

 

営業という行為は、

 

『人の行為としての営業は、営利(通常の意味としては利潤の獲得と言い換えられる)
を目的として業務を行うことをいう。
「酒屋を営む」という場合の「営む」が「営業」の意味であり、
しばしば店先に掲示される「営業時間」という場合の「営業」もまたちょうどこの意味である。
これらと同様に営利目的のため行われる業務であるが、
何らかの商品を売り込むなど、プロモート活動をすることを特に営業という場合もある(wikipedia より)』

 

とwikipedia ではされています。

 

簡単に言うと、
営業とは、「営利を目的として業務を行うこと」
とされています。

 

コミュニケーションと営業との関係

 

コミュニケーションはと言いますと
「何かしらの意図を持って行う行為」
であると考えることができます。

 

営業とはコミュニケーションの中に含まれる行動であり、
そのコミュニケーションの中で利益が発生するものを営業と言うこともできます。

 

コミュニケーション>営業

 

相手にして欲しいアクションがあり、相手にそのアクションを行なってもらう。
これは営業スキルを上げれば、お互い揉めることなくよい関係を保ちながら行ってもらうことができます。

 

  • この商品を伝え、お客様に買って欲しい。
  • 部下に指示を伝え、遂行してもらいたい。
  • 好きな気持ちを相手に伝えて、相手との良好な関係を築きたい。
  • 自分の企画を発表して、企画を通したい。

 

どれも自分の考えを伝えて、行って欲しいアクションがあります。
この行なって欲しいことを力づくで行うのではなく、
お互い良い気持ちで、且つ実行してもらうスキル営業スキルと呼ぶことができると考えています。

 

考察

 

このような理由から、
「コミュニケーションをよくしたいなら、営業スキルをあげると良い」
という話をすると納得する人は意外と多いです。

 

コミュニケーションスキルを上げるならば、営業スキルをあげることで人間関係が改善されたり自分の思い通りに生きやすくなります。

 

自分らしく生きることにも繋がるかと思います。