心の壁を意識しよう

できる営業マン

 

 

 

コミュニケーションを阻害する心の壁を知る

 

営業や人間関係で失敗を極力減らしたいあなたは、
営業を行う時に3つの心の壁があるということを知っておく必要があります。

 

3つの心の壁

 

  • 1つ目の壁、私と相手の異なる常識
  • 2つ目の壁、売りたい意識 VS 売られている意識
  • 3つ目の壁、反射的に断る習性

 

1つ目の壁、私と相手の異なる常識

 

理由は、自分が所属している会社やグループで教育(共有)されている情報と、セールスプログラムを経てない一般の人たちとは価値観が違う。

 

こんなに良い商品なのに、なんで相手が興味をもってくれないと思う人はたくさんいると思います。
あなたは、その商品について勉強したり、研究したりしているかもしれませんが、相手は興味あるどころか、そもそも知識として知らないと考える方が賢明です。

 

恋愛ならば、「私はあなたのことをこんなに好きなのに、どうして私に興味を持たないのか。」というところに当てはまります。
もちろん自分の気持ちであれば自分はわかりますが、相手のこととなると、なかなかわかりませんからね。

 

まずは接触回数を増やすことを意識してください。
そうすることにより親密さをあげつつ知ってもらうことができます。

 

2つ目の壁、売りたい意識 VS 売られている意識

 

自分は売りたいが、相手側には興味がない。
相手から欲しい、好きと言ってくるシチュエーション以外は必ず全ては片思いから始まります。

 

自分が好きだから、相手にも自分のことを好きになれという大変おこがましい気持ちの方が多いです。

 

自分の気持ちで突っ走ると、かなりの確率で嫌われてしまいます。

 

まずは相手をよく知り、相手の気持ちを尊重し、嫌われないお付き合いを始めましょう。

 

3つ目の壁、反射的に断る習性

 

営業をしてくる相手に対して人は、反射的に断ろうとする習性があります。

 

接触回数を増やして、親密度をあげつつ自分をよく知ってもらい、
なおかつ嫌われていない人間関係ができあがれば、こちらはおのずととクリアできるはずです。

 

営業準備完了

 

3つの壁がクリアできた方、おめでとうございます!
これで初めて聞く体制ができ、営業を行う準備が整いました。

 

ここまでこれば、話はまず聞いてくれます。
これだけでも、がらっと話の進め方が変わります。

 

考察

 

営業に入る準備のお話しをさせて頂きました。
相手と話す際はこの心の壁をぜひ意識して話して見てください。
これから本格的に営業の話に入りますので、楽しみにしてください。