人に好かれる第一印象の作り方

できる営業マン

人として好かれるには第一印象が重要です。第一印象は見た目で9割決まりますが、ポイントを抑えて改善ができます。
できるところから見た目を作り込み、人に好かれる営業をし、成果を出し続けましょう。

 

 

 

 

営業マンに必要な、人として好かれる技術

営業では、人として好かれることが重要です。

 

コミュニケーションや営業の話に入る前に、とても重要なことがあります。
この重要な点を逃すと、どんなにスキルが高く技術のある営業マンや、コミュニケーターでも全く上手くいきません。

 

人として好かれることが、なぜ重要なのでしょうか?

 

これは別のページでもお話している事でもありますが、人として嫌われてしまうと話が聞いてもらえません。

 

あなたは嫌いな人から、話を聞きたいと思うでしょうか?
僕は少なくとも聞きたいとは思いません。

 

例えば、しつこいとか、めんどくさいとか何かしら相手へのマイナスな感情があるとします。
あなたは、心から耳を傾けてその人の話を聞くことができるでしょうか?

 

ほどんどの方が、自分が嫌いな人から話をされる時より、自分が好きな相手から話をされた時の方が
耳を傾けて話を聴きやすいと思います。

 

なぜなら、自分が苦手な相手には自分の心が閉ざされ、自分が好きな相手へは自分の心がオープンになるからです。
心が閉じてしまえば、相手の話を聞く気は当然ありません。

 

人として嫌われてしまった時点で、あなたの話は聞いてもらえません。

 

具体的な技術に関しては、「話を聞いてもらうためのテクニック
で紹介しますので、参考にしてください。

 

営業の第一印象は、見た目が9割

営業マンの第一印象は、見た目が9割です。

 

これは、「メラビアンの法則」という法則で説明されています。

 

「メラビアンの法則」とは、「第一印象は初めてあった時の3~5秒で決まり、「視覚情報」がとても重要な要素として働いている」という法則です。

 

「メラビアンの法則」を具体的に数字で見てみると、

  • 視覚情報55%
  • 聴覚情報38%
  • 言語情報7%

となっています。

 

これを見ると、会社や一般の営業マンが力を入れている営業トークがどんなに非力かとてもよくわかると思います

 

営業を行うほとんどの人が力を入れている営業トークは、1割以下しかないという事実を「メラビアンの法則」が説明しています。
逆にこの法則を知っておくことにより、見た目という一番重要な要素を味方につけて、効果的な営業を行うことができます。

 

人は中身が大事とか、内面を磨けば大丈夫というのはとても重要な話です。

 

しかし、コミュニケーションをとる上での第一印象においては
「メラビアンの法則」から、見た目雰囲気がとても重要ということを知っておいてください。

 

もちろん、内面を磨けば、雰囲気やオーラがでるので第一印象が良くなります。

 

私が言いたいのは、中身さえよければ良いという甘えた考えで、清潔感や、服装体型をおろそかにしないで欲しいということです。

 

営業やコミュニケーションにおいて成果を出したいならば、必ず通らなければいけない道です。

 

人は見た目で価値は決まりません。
ただ、コミュニケーションにおいては、見た目や第一印象が結果を生むということを知る必要があります。

 

営業の第一印象は、見た目で改善できる

見た目を改善すると、第一印象が格段に良くなります。

 

営業やコミュニケーションで見た目が大事だということは、わかって頂けたと思います。

 

それでは、特に何をどう改善したらよいかという話に入りたいと思います。

 

  • 清潔感がないと言われる。
  • 体重がBMI25を超えた肥満以上。
  • 服がダサいと言われる。
  • 雰囲気が悪いと言われる。

 

この4つは、改善すると第一印象が格段に良くなる項目です。
また、コミュニケーション全般で役にたちます。

 

営業でももちろん効果テキメンですが、第一印象はとくに恋愛において影響します。
彼女=生きた年数 の人はこちらを本気で取り組むと良いと思います。

 

かわいいは作れると女子の界隈では言われています。
もちろん、ある程度の見た目はつくれます。

 

努力次第である程度どうにでもなります。
私が分かる範囲でポイントを説明していきます。

 

気になる点がある方は、是非参考にしてみてください。

 

清潔感がない場合

清潔感がないと言われる原因には、だらしがない、臭い、汚いなど3つの要素があると思います。
こちらは日常から心がけることで、よりあなたの魅力が増します。

 

毎日体を洗う下着を毎日替えるヒゲを剃る歯を磨く髪を伸ばしすぎない爪を切る、などしっかり行うことにより、だいたいの問題を解決することができます。
基本ですが、こちらを徹底しましょう。

 

体重がBMI25を超えた肥満以上の場合

太っていることはデメリットしかありません。
至急痩せるということを決断しましょう。

 

やはり、太っている人はだらしないという印象与えます。
また、健康の点で病気、怪我になりやすくなります。
清潔感も下がり、食費もかかります。

 

そして、体力も下がり、頭の回転も悪くなります。
さらに、見た目もだらしないので、メリットが1つもありません。

 

太る理由としては、「毒素を溜め込みそれを水が薄めているので太る」というのが原因というのが最新の見解です。

 

私も一時期肥満になってしまい、まずいと感じ、17kg以上の減量に成功しました。

 

ここで簡単に痩せるコツを、説明しておきます。
痩せるためには毒素を排出し、体の機能を復活させていくことが必要です。

 

ここでは細かい説明をいたしません。
ポイントだけ紹介するので、本気で人生を変えたい方のみこちらの5つを取り組んでみてください。

 

  • 定期的に、8時間食べない時間を作り腸を休める。
  • 1日1〜2食にする。(朝食は食べない)
  • 小麦、肉、リノール酸(一部の食用油)、乳製品を控える。
  • お昼は、おにぎり1個、味噌汁1杯にする。(コンビニ可)
  • コンビニのお弁当は避ける。

 

私が17kg以上の減量ダイエットに成功した方法です。
自分を変えたい人は是非、実行してみてください。

 

服装がダサいと言われる場合

服装がダサい人で一番多いのは、家族に服を買ってもらう人。
服は自分で選び、自分のお金で買いましょう。

 

何を買ったらいいかわからないと思った方は、同年代の異性と一緒に、服を買いに行ってもらいましょう。
これがハードルが高い人は、センスが良さそうな店員さんに相談して、一式揃えてしまいましょう。

 

また、お店で購入する場合は少し値段が張りますが、コーディネートをしてくれるため、とても良いと思います。
お金をかけられるなら、「麻布テーラー」か「ONLY」がおすすめです。
服がかっこよくあなたを着てくれます。

 

まずは、服屋さんを見て周り、かっこいい、かわいいを感じましょう。

 

古着屋さんに行けば、かっこいい服が安く買えます。
お金をかけられない人は、無理にお金をかける必要ありません。

 

雰囲気が悪いと言われる場合

雰囲気が悪いというのを言い換えると、
コミュニケーションができる雰囲気が身についていないとうことになりますね。

 

笑顔がなかったり、自信がなかったり、暗かったり、威圧的だったり…要因は色々あります。
このような場合は、緊張しがちだったり、自分に自信がなかったりします。

 

こちらのページでまとめますので、参考にしてください。
オーラのある営業マン

 

考察

できる営業マンの見た目は作れます。

 

営業やコミュにケーションは技術も必要ですが、実はその前の第一印象がとても重要です。

 

人間のトークは、印象に1割も影響しないです。
ですから、まずは見た目に力を入れ、相手に良い印象を与えるところからはじめてみましょう。

 

見た目は作れる。

 

是非ステキな見た目と人生を作っていきましょう。