目指すべき営業マン

できる営業マン

目指すべき営業マンは、相手のニーズに沿って相手を満足させることにより成約率をあげ、7割の力で成果を出し続けています。
主導権を持って成果を圧倒的に出し続ける営業マンになるには、相手のニーズに沿って相手を満足させるという考え方を身につける必要があります。

 

 

 

 

トップ営業マンは、7割の力で成績を出し続ける

本当にできる営業マンは、7割の力で常に成績を出し続けることができます。

 

あなたは、どのような営業を行っていますか?
あなたは、売れる営業マンでしょうか?

 

売れる営業マンや、一流の営業マンには特徴があります。

 

実は営業マンと言っても、一見売れているように見えている方は非常に多いです。
数字を出していて、結果が出ていれば「できる営業マン」と思っている人はいますでしょうか?

 

そういう方は、まだまだ修行不足と言っていいと思います。
営業成績に波があったりするような営業をしている方には、成約数などをずらし、数字を見栄え良くしているという方もいます。
本当は適当なことを言って数字をとってきている方もいるのです。

 

しかし、本当にできる営業マン7割の力で常に成績を出し続けられることができます。
常に心に余裕と、余力をもってお仕事をされています。
フルの力を使うと体力や気力が続かなくなり、健康やプライベートに影響が出るので、いつまでも続けられません。
ですので、営業で成果を出し続ける方は本当に一握りです。

 

今後、どのような営業を目指していけば、結果を出し続けられるのでしょうか?
まずは、どのような営業があるかを知ることが重要です。

 

こちらから、自分に当てはまる営業があるかも合わせて確認してみてください!

 

  • 営業は、結果を出すことが1番である。
  • 嘘は良くないが、多少は勘違いさせても数字をとるべきである。
  • 営業で相手の弱点を見つけたら、その弱点をつき、ノーを言わせないでクロージングするべきである。
  • 相手の様子を見て、勢いでいけると思ったら、すかさず契約書を差し出し、スピーディーに契約を決める。
  • 営業は中身よりも人間関係だと思っている。
  • 営業はメリットとデメリットを提示し、納得して買ってもらう営業をしている。

 

あなたは、どれに当てはまりましたか?
それでは、営業マンのタイプを見ていきましょう!

 

売れる営業マンは、相手を満足させる

売れる営業マンのタイプは、相手に納得してもらい、満足させる営業です。

 

営業スキルを学ぶためには、売れる営業とは何かをまず知る必要があります。
売れる営業とはどういう行為をさすのでしょうか?

 

一般的な会社で私が見てきた、営業マンの種類を見ていきます。

 

  1. 相手を勘違いさせたり、騙したり(時には伝えるべき情報を伝えなかったり)して契約をさせる営業
  2. 正義を振りかざしたり、立場を利用したりして圧力でノーと言えなくさせて契約させる営業
  3. 営業されている側が理解できていない状態で勢いだけで契約させてしまう営業
  4. 友達の様に仲良くなり、飲み会とかに行き人間関係だけでなあなあで契約する営業
  5. メリット、デメリットを伝えて納得してもらい、心からこの契約をしてもらってよかったと思っていただく営業

 

この5種類がありました。

 

数字だけを見れば、どの種類でも結果を出している人がいます。

 

あなたは、一流営業マン診断でいくつ当てはまるものがありましたか?
実は、一流営業マン診断の最後の項目以外の全ての項目がダメ営業マンの営業なんです…

 

最後の項目以外の項目に当てはまってしまった方、大丈夫です。
こちらのサイトで良い営業の方法を伝授いたします。

 

まずは、自分の営業と他の人たちの営業を比較してみてください。
比較することで、自分の営業を客観的に見ることができ、
営業の成績を上げることに繋がります。

 

相手のニーズに沿うと成約率が上がる

最も成約率が高い営業マンは、相手のニーズに沿った提案ができる営業マンです。

 

では、営業スキルを順番に見ていきましょう。

 

不誠実な営業

相手を勘違いさせたり、騙したり(時には伝えるべき情報を伝えなかったり)して契約をさせる営業

こちらの営業は絶対やってはいけない営業です。どうしてやってはいけないのでしょうか?
それは、最終的に誰も得をしないからです。

 

一時的に数字をあげることは簡単にできるかもしれません。
何故なら本人の営業力は、全く関係ないからです。

 

もちろん営業をされた方は騙されている訳ですので、何かしらの損が発生します。
また気持ちの面では悲しい気持ち、怒りの気持ちを与えてしまいます。

 

怒りをもったお客様は当然クレームに繋がります。
営業マンとしてクレームを処理するというのは、場合によっては一件の契約をとるより大変です。

 

また、営業マンを抱える会社としても、不信やイメージダウンにつながります。
長期的に結果を出し続けることができません。

 

結局、誰も得はしない結果になります。
営業マンとしても、会社側としてもこのような営業はしてもメリットがないので絶対にしてはいけません。

 

では、普通のコミュニケーションと置き換えた時どうでしょう。

 

いつも都合の良いことを言って、ころころ言うことを変える対応をとる人にあたると思います。場合によっては、嘘つきだと認識されます。
これも、人間関係のコミュニケーションにおいて信用が生まれません。

 

誠実な対応をお勧めします。

 

自己中営業

正義を振りかざしたり、立場を利用したり、圧力でノーと言えなくさせて契約させる営業

こちらは、飛び込み、ネットワーク、保険の営業などで見られる場合がある営業手法になります。
友達や先輩、上司といった人間関係の立場を利用しノーと言いにくい状態にしたり、恐怖や法律で脅したり(騙しも入っていることがしばしばあります。)して無理矢理契約をさせる営業です。

 

こちらは、泣き寝入りしてしまう方が多数います。
被害に遭った場合は一旦、消費者生活センターに問い合わせて下さい

 

その営業は、相手のことは考えず自分のことだけを考えています。絶対に関わってはいけません。

 

人間関係では、マウントして自分を上げたり、とにかく自分のことだけを優先する。
こんな人間とはプライベートでも関わってはいけません

 

もし、あなたが自分の利益ばかり考えて行動する人間だった場合は、
魅力的な人は既にあなたの周りから去っていると考えた方が良いでしょう。

 

勢いだけの営業

営業されている側が理解できていない状態で勢いだけで契約させてしまう営業

この営業の方は、なんとなくいいかなという雰囲気でもっていくことができる営業手法です。
この営業はセンスがとても必要です。

 

しかも、あとで冷静になった時クレームになる可能性があります。
目指すのが難しいですし、そもそもお勧めはできません。

 

長期的に結果を出し続けることはできません。

 

普通のコミュニケーションの場合どういったコミュニケーションになるかというと、
よく考えると中身がないけどとても綺麗に聞こえ、周りをすごいと思わせる話をする人のコミュニケーションです。

 

ただ、これは大抵センスを必要とします。
雰囲気だけですので、自分よりレベルの高い人にはすぐ薄っぺらいのが見抜かれてしまいます

 

人間力を磨き、誠実な人間になる方が、
話がすごく聞こえる様に喋れる人よりも本当の人間力や営業スキルが身につきます。

 

友情営業

友達の様に仲良くなり、飲みとか行き人間関係だけでなあなあで契約する営業

4番から営業力があると言うことができると私は思います。
相手との人間関係をしっかり築くことができ、場合によってはミスしても、「〜さんだから許すから次はしっかりね。」と言ってもらえるような関係です。

 

メリットは基本的には飲みに行けば、通常の営業は決まります。
また、ミスもある程度許されます。

 

デメリットはある程度の責任のある商談になった際に、
相手のニーズにそったメリット、デメリットを提供できないため、越えられない壁というものができてしまいます。
ここぞという交渉が得意ではありません

 

普通の人間関係では、基本的に仲良しで、楽しい生活を比較的送ることができます。

 

相手の立場を考えニーズに沿った提案ができる営業

メリット、デメリットをして納得してもらい。心からこの契約をしてもらってよかったと思っていただく営業

この営業が、最も成約率が高い営業です。

 

どんなに高い責任だろうが、金額だろうが、相手の立場を考え、ニーズにそったプレゼンを行うことにより、
相手がしっかり決断できる状態を作ってあげることができます。

 

基本的な営業の障壁というのが存在しません
ここぞという時の交渉も得意です。

 

日常のコミュニケーションでいえば、相手の立場を考えてしっかりと伝えることができる人です。
自分の気持ちを伝えられるし、誤解も起きません。

 

基本的に、④、⑤の営業スキルを理解することにより、しっかりとした人間関係を築いていくことができます。

 

考察

相手の立場を考えれば、お互い幸せになれますし、効率の良い営業ができることがわかりました。

 

①〜⑤までの営業マンのタイプを分析しました。

 

どの様な営業スキルを身につけた人間になりたいでしょうか?
一度周りの人や、自分の行動を振り返ってみる時間をつくってみましょう。